話せばわかるコンピュータの会
参加主旨


 マルチメディアの代表、インターネットにみる「相互扶助の精神」を地域へ。
 「人のネットワーク」で支え合う文化創出と発信を。
 寡黙な東北人、日本人から「歴史と文化とアートの積極交流」へ。
 地域の重要な資産としての「世代や国境を超えた情報交流スキル」の向上を。

以上のことを、「草の根支援運動」と呼びます。

 全国の「草の根支援運動」の先進例を一同に会し、
             「地域情報化サミット」の開催をしましょう。 

 岩手県南の歴史文化の発信と交流・・・・・・
   インターネット「クイズ奥の細道」の実施し、
        クイズを通じて、世代や国境を越えた
                  歴史文化の情報発信をしましょう。 


   「一関・はなこん会」は、皆様のご参加をお待ちしております。   

  実行委員会案

1 開催目的
  平泉フォーラムでは、奥州藤原氏が築いた
 「中世みちのく黄金時代」にスポットをあて、
 これからの文化・観光情報発信のあり方、情
 報ネットワークの構築などを模索する。

2 開催期間
  平成10年9月5日(土)〜6日(日)

3 会場
  毛越寺本堂、平泉郷土館、
           毛越寺レストハウス

4 内容 平泉フォーラム 基本テーマ
 「歴史・文化と情報化 地方からの発信」
         黄金花咲くみちのく平泉
中尊寺参道・月見坂
生方 功 画

  話せばわかるコンピュータの会は、
マルチメディア祭’98を、全面支援します。

多くの方のご支援を
お願いいたします
第1日目 9月5日
8:30盛岡出発
10:00 平泉着
10:00〜12:00情報化フェア、
      毛越寺庭園や本堂の見学  
12:00 昼食
13:00 開会式
13:10 基調講演 平野 仁
     「歴史・文化と情報化
        地方からの発信」
15:00 ナビゲーションバトル表彰式
     平泉郷土館 ふれあいホール 
17:00 情報交流会
  毛越寺レストハウス 約100名
郷土芸能の披露、地場産品の紹介

宿泊 国民宿舎「衣川荘」       
第2日目 9月6日

8:30 宿泊施設出発
9:00〜11:00 観光地視察
  中尊寺、義経堂、柳の御所跡、一関博物館
11:30 一関駅解散



情報化フェア 9月5日〜6日
会場 平泉郷土館 ふれあいホール
  情報化システム展示、デモンストレーション


戻る
一関市・話せばわかるコンピュータの会
マルチメディア祭'98参加ページ
(c)HANASEBA WAKARU COMPUTER NO KAI Ichinoseki, IWATE, 1998.4 Japan