役員会ニュース

古い役員会報告

平成10年4月30日 平成10年5月11日
平成10年6月25日 平成10年7月23日
平成10年8月22日

    話せばわかるコンピュータの会の皆様へ  
 会場担当支援の募集


 日程1: 9月5日(土) 午前10時より全日
       (可能ならば、交流会進行のため宿泊をお願いします)
      会場   平泉郷土館 
           太幸邸(オフラインミーティング・宿泊所)
           宿泊費 3、000円
      支援内容 受け付け 3名
           草の根地域情報化フォーラム支援 5名
           クイズ奥の細道支援 5名
           宿泊交流会準備 3名
 日程2: 9月6日(日) 午前11時より午後2時まで
      会場   平泉郷土館 
      支援内容 VTR上映、説明支援
           午後12時より器材撤収作業
      支援人員 5人以上

    支援可能な方は佐藤清忠までご連絡下さい


     話せばわかるコンピュータの会・ニュース・平成10年9月1日発行    

話コン役員会のニュース

 佐藤清忠@一関高専です。
 9月31日の役員会で、準備状況の確認作業を行いましたので、お知らせします。

1 クイズ奥の細道関連

 話せばわかるコンピュータの会独自開発のクイズ出題・回答システムは、8月22日
午後2時から、予定通り実地演習・調整試験を行いました。

 参加スタッフ
 岩手県南技術研究センター:千葉忠悦さん、石井 進さん、池田香織さん
              平沢和則さん、佐藤 守彦さん
 平泉公民館 :鈴木純男さん、平泉中学のみなさん、公民館
 狐禅寺公民館:高橋克哉さん、桜町中学校のみなさん、公民館
 老松公民館 :三浦秀輝さん、花泉北中のみなさん、公民館

 演習は約1時間行い、順調に終了しました。お疲れさまでした。
演習を通じて、いくつか改良すべき点がありました。
 ・メイン会場で現在なにが進行中なのか各会場で知るための、記号等の表示が必要
  なこと。司会進行との同期を行う目的の副信号を転送する、ということ。
 ・答えの送信と、画像更新表示のタイミングの再調整。司会進行とのすりあわせ。
以上の点について、修正可能な部分は即刻、手直しすることにしました。

 当日の進行のVTR撮影者の手配をお願いします。(千葉忠悦さん)


2 VTR・新聞記事解説コーナー

 VTR上映分のコピーを20本、石井さんの担当でコピーお願いします。活動記録
報告として関係機関に配布します。
 新聞記事と模造紙に貼るはなこん活動紹介コーナーは、山本さんのほうで進行中。


3 草の根情報化フォーラム

 発言者及び時間が確定しました。参加依頼状は、既に発送完了しました。
 発言者の休憩所として、向かいの和室を確保しました。お茶等は、平泉町とのご協
力で接待します。

<プログラム>

       15:00開始〜17:00終了
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
         助言者 宮本 裕 岩手大学教授

15:00  1 山浦玄嗣 山浦医院(VTR参加)
       2 稲葉 暉 一戸町長
       3 鳴海正人 岩手県体操協会
15:30  4 斎藤健司 岩手医科大学
       5 高橋義徳 水沢医療情報ネットワーク事務局
       6 関 洋一 ザ・オフィス関
16:00  7 石澤祐治 桜町中学校
       8 佐藤清忠 話せばわかるコンピュータの会
       9 小原 修 岩手県林業技術センター
16:30 10 佐藤徳男 狐禅寺公民館
      11 千葉敏浩 老松公民館
      12 宮本 裕 (まとめ)

 平沢さんから、フォーラム終了後のスケジュールが以下のように提案されています。

 17:00 情報交流会開始
  毛越寺レストハウスにて「情報交流会」
         平泉町平泉字大沢62-1 TEL 0191(46)4000
 19:00 情報交流会終了
 19:00 舞鶴の湯(前沢インター付近)へ移動 「入浴」
          前沢町字徳沢1-45   TEL 0197(56)6048
 20:00  宿泊所 太幸邸(前沢町)へ移動
       「草の根情報交流会2部」
          前沢町七日町58    TEL 0197-56-6330
 9月6日、朝解散。

 宴会進行は、県南技術研究センターのスタッフにお願いします。


4 草の根地域情報化パンフレット作成

 8月31日に川嶋印刷から1000部、届きました。時間の関係で、モノクロ印刷
になりました。この中から300部を、即刻、一関地方振興局へ届けました。県内各
会場への参加呼びかけ等のPR用として使用します。
   文書原稿はこちら
   完成したパンフレットの表紙
   同 裏表紙
   同 活動内容
 残部700部のうち300部を、振興局管内配布として計画し、役員会でそれぞれ
の会社や商工組織、マスコミ、市役所等の行政機関へ持参し、最後の参加依頼をする
よう手配しました。
 千葉副会長から、クイズ奥の細道のあんないパンフレットが提供されております。
このチラシも活用下さい。


5 CDROM作成

 島川さん、今村さんのご尽力で、ほぼ完成しました。ファイル構造を役員会でチェ
ックし、CDROM原盤を9月1日に完成させることにしました。
 当面、50枚を、5日までに準備することにしました。
 配布は、不特定多数ではなく、草の根地域情報化フォーラム参加者を中心に配布す
ることにしました。ラベルも「黄金の国からの情報発信」として作成しています。

   CDROMのカバー


6 英文紹介ページ完成

 ランディーさん(Randal Scarlett)のご尽力により、英文の紹介ページが完成しました。
ありがとうございました。5日当日は、「ランディーさんとその友人たち」もフォーラ
ム等に参加します。
 お楽しみに。




一関市・話せばわかるコンピュータの会
全国マルチメディア祭'98参加ページ