平泉フォーラム関連メール
佐藤清忠@一関高専です。

 今度、マルチメディア祭参加の一環として、老松公民館にて市民向けの講習会を企画しました。
 予定として、6月12日を最初に、5回、毎週金曜日の夜6時から、花泉町老松公民館で開催いたします。

 そこで話せばわかるコンピュータの会からのお願いですが、

・ボランティアでの講師のお願い
・ボランティアでのノートパソコンの提供

を募集しておりました。以前もお願いいたしましたが、開催直前の今も、思ったように準備が整わず苦慮しておりました。

 手作りの講習会で、予算も限られて恐縮ですが、皆さんの善意により、ひとりでも多く、ハイテク技術を普及していきたいと考えております。

 主旨をご理解の上、よろしくご協力お願いいたします。


佐藤清忠@一関高専です。

 老松公民館講習に、何人かの方から、講師参加とノートパソコン持ち込みのメールがありました。ほんとうにありがとうございました。

 そのなかで、講習のしかたの問い合わせがありましたので、まだ役員会での確認をとっていませんが、当日の講習のすすめ方のプランをご案内いたします。

第1回目
 テーマ:パソコンの用途
 講習内容:パソコンでできるさまざまな事項を紹介します。

 ホームページに掲載のテキストは、その前置きのようなもので、いちばん最初に私のほうから説明します。そこで配布する資料が、まだ未完成ですが、第1回目のものはなんとか間に合わせたいと思います。

 その後、ノートパソコンを配置した場所に、2,3〜4名程度の受講者を配置し、参加人数によりますが、5〜6グループぐらいにわかれて、グループごとに講師を1名〜2名程度置いて、グループの判断
でいろいろ説明します。
 説明内容ですが、第1回目は、表計算やゲーム、ネットスケープ、画像処理ソフトなど、通常使用しているようなソフトを、受講者との話し合いをする中で進行します。その項目が、ホームページ掲載の下の箇条書き部分です。
 ただし習得目標は特にありませんので、その項目は参考程度にし、内容に応じて深く説明したり、省略したり、また項目にないものを紹介したり、適宜判断をお願いいたします。



佐藤清忠@一関高専です。

 6月19日(金)、老松公民館のパソコン講座の2回目、無事終了しました。参加された講師の皆様は、ご苦労様でした。

 今回はウィンドウ操作について、操作体験をしました。
 思った通り、といいますか、参加者は前回に比べ3、4名少なくなりました。しかし受講者の皆さんは、熱心に取り組んで、やはり休憩時間も忘れるほどの活気にあふれておりました。

 2回目は、実は表計算と年賀状作りの講習予定でしたが、手違いにより、直前にウィンドウ操作に変更したものです。とっさの説明になってしまい、後になってなにを話したのかすっかり忘れてしまいました。いつもはマックのメニューを見ることが多いので、WIN95のファイルの次のメニュー?なんだっけ、ええい、忘れてしまったので省略・・・ヘルプにとんじゃえ、という感じで、「編集」などの重要メニューをどんどんカットして、強引にファイル保存の話にひっぱってしまいました。

 でもよく考えてみたら、ファイルの階層構造の話をしたのはよかった、と思います。黒板にその図を書きながら、そういえばこんな話をくどくどと取り上げた本は、あまり見かけなかったな、などと思い浮かべていました。そういえば山本さんが、そんな入門書がある、と言っていたと思いましたが?

 フォルダ名やファイル名の付け方も、考えてみれば個人まかせで、その数が膨大になったときの苦労は誰しも経験していると思います。それはベテランであろうとも、整理の下手な人は、やはり下手なようですね。
 実は私が下手な一人で、パソコン作業の約半分は、昔のファイル探し作業になっているのでは、と思っています。しかしなぜか、この問題があまり話題になることはないですね。皆さんはいかがでしょうか。
 コンピュータ使いのいちばんの泣き所は、ひょっとしたらこの最も入門的なところの、「階層構造的な管理とファイル名の付け方」ではなかろうか、と後になって考え込んでいました。これだけは、時代が進んでもちっとも自動にならず、その人のセンスといいますか、ある種の創作技術が要求されるようです。

 次回26日(金)、午後7時〜9時の老松公民館講習は、いくつかテーマを分割します。受講者がこれ以上少なくならないことを期待しますが・・・
 ひとつは表計算のコーナーです。表計算で何ができるかデモを行い、受講者の質問にいろいろお答えする講習内容です。
 ふたつめは、石井さんが持参予定ですが、年賀状作成コーナーです。これは石井さんにおまかせですね。
 3つめのテーマは、これまでの講習内容の復習を含む「何でもありおしゃべりコーナー」です。

 またよろしくご支援をお願いいたします。


 佐藤清忠@一関高専です。

 6月26日(金)7時より、3回目の老松公民館マルチメディア講座が開催されました。講師でご参加された皆さんは、ご苦労様でした。

 3回目は、表計算の紹介、年賀状の作成、その他、というテーマで開催しました。表計算は、老松公民館の千葉さんが作成した電気料金計算やゴミ量など、生活に関する教材データを準備され、それを千葉@東北NECさんが、LCDプロジェクタで説明する形で行いました。日常的に利用できる用途のひとつを紹介できたと思います。今回は、操作方法講習というよりは、こうした題材をもとに、どんなことができるかをデモすることが目的でしたが、十分体験できたことと思います。

 講座のもうひとつのテーマは、年賀状作りでした。石井さんのシステムを使用して、美しい風景画などを、ファイン仕様のはがきに印刷を行いました。きっと美しく仕上がることに驚かれたと思います。これも技術進歩のなせる結果ですが、プロ顔負けの品質の印刷が、安価、簡単に可能であることを紹介できたと思います。
 また私の所では、懸命にローマ字入力を覚えようと、昔の歌詞を打ち込んだ受講者もおりました。真白き富士の嶺などの歌詞、予め手書きをしようとしましたが、ずいぶん漢字を忘れておりました。御霊を御魂などと書いたりして冷や汗もので、私は、漢字の勉強時間になってしましました。

 毎度のことですが、休憩時間を惜しむかのようににぎやかに話がすすみ、あっというまに9時になてしまう、そんな雰囲気でした。

 さて、今週金曜日も4回目の講習です。今回は、受講者に宿題を出しておきました。ホームページに掲載するための、たとえば今回の講習会の感想文や、わが家の自慢とか、適当な題材の文書と、もしできるなら写真の準備をするようお願いしました。
 次回の4回目、また5回目の2回にわたって、インターネットの話と、ホームページの作成講習を行う予定です。

 また皆様のご協力のもとで、にぎやかにすすめたいと思いますので、よろしくお願いいたします。




佐藤清忠@一関高専です。

「ホームページ作成」をめざして、第4回老松公民館マルチメディア講座を、7月3日に開催しました。
 実は7時の開催時間になっても、参加者が3名ほどしかいませんでした。先週出した「作文の宿題」がだめだったのかなぁ、と心配していましたが、15分頃には8名となり、一人に1台ずつ、パソコンが使える状況になりました。

 まずは、インターネットの概要を説明し、家庭から操作するときの状況を想定して、電話代の節約等、いくつか注意点を紹介しました。次に、実際にモデムをつかってホームページにアクセスし、地域の話題、検索の例、外国のホームページの例を紹介しました。
 そして作文作業です。ノートパソコンそれぞれの事情で、ノートパッドやワープロなどを立ち上げ、このメール程度の文書になりましょうか、時間になるまで各自打ち込みを行いました。その結果は、フロッピーディスクにイニシャル名にて、テキスト・ファイルとして保存し、来週、使えるようにしました。

 来週は、できたら各自、写真を持ってくるように手配しました。スキャナをどなたか持ってきていただくと嬉しいですが、なかったら、デジタルカメラだけでもいいでしょうね。それで写真をコピーし、文書と画像の混在したページを作成したいと思います。
 そのホームページ制作では、各テーブルに座った講師の方々にすべて編集をおまかせします。背景、区切り線、テーブル形式、思い思いのまま、受講者と会話しながら、楽しく作業をすすめて下さい。これをFDに格納し、最後はくりこまネットさんにアップロードしてもらってよいと思います。

 来週は、私の所用で参加できませんが、以上の予定ですすめたいと思いますので、よろしくご指導をお願いいたします。

追記
 マルチメディア祭’98のポスターができあがってようですね。
 さて、そろそろ本格的に、資料準備をしたいと思います。


千葉 忠悦さんから、最終日、5回目の講習のメモが届いており
ましたので皆さんへご紹介します。

-------- ここから --------

遅れましたが簡単に報告いたします。

参加者は5名と講師のほうが多いくらいでした。
内容は前回までのおさらいとHP用のINTERVIEWを行いました。
そのDATAは後程 HPの方にUPいたします。
最後の5回目についてはINTERNETに興味のある方は
駆け付けたと言う感じでした。

何とか無事に終了しました。


一関市・話せばわかるコンピュータの会
マルチメディア祭'98参加ページ